InfiniDBの特徴の1つである水平パーティションは、エクステントマップ機能によって実現されています。
エクステントマップを効果的に活用するためには、列に指定するデータ型に留意する必要があります。

データ型によるエクステントマップ使用有無

データ型
データ長(Byte)
エクステントマップの使用
TINYINT
SMALLINT
INTEGER / INT
BIGINT
DECIMAL / NUMERIC
DOUBLE / REAL
×
FLOAT
×
DATE
DATETIME
CHAR
8バイト以下
9バイト以上
×
VARCHAR
7バイト以下
8バイト以上
×


エクステントマップが使用されないと、実行されるクエリによっては水平パーティションによるデータの絞り込みが適用されず、十分なパフォーマンスを発揮できないことがあります。

特に日本語などのマルチバイト文字をCHAR型やVARCHAR型の列に格納する場合、1文字で3バイトが使用されるため(InfiniDBはUTF8をサポート)、設計時から留意する必要があります。