システムの運用において、定期保守やバックアップの取得時などの特定の時間に自動的にデータベースの停止や再起動を行うケースがあるかと思います。InfiniDBではアクティブなトランザクションが存在するタイミングで停止や再起動を行うと、以下のようにプロンプトを表示して待ち状態になります。


スケジューラによる自動運用を行う上で停止や再起動を強制的に行いたい場合には、以下のようなシェルスクリプトを作成して呼び出すことにより対応が可能です。

【例】shutdown_force.sh


InfiniDBの停止・再起動時に残っていた未確定のトランザクションは、次回起動時に自動的にロールバックされます。