InfiniDBのコマンドを使用してテーブルのロック情報を確認することが可能です。

コマンドでテーブルのロックを確認する方法

以下のコマンドでテーブルのロック状況が確認できます。
使用例

/usr/local/Calpont/bin/viewtablelock


テーブルのロックを確認する例


以下はdate1テーブルを更新処理中にロック状況を確認した表示例になります。

ロックを保持しているセッションやテーブル名を確認することができます。
Sessionは、show processlistのId列を出力していますので、ロックを保持しているユーザやホスト名などは
show processlistで確認してください。