InfiniDBは、初期状態でテスト用のスキーマ(データベース)である「test」が用意されています。
testスキーマには、権限を持っていないユーザーでもテーブル作成や削除を実行できます。セキュリティ保護のために、testスキーマは削除することを推奨します。

また、testスキーマだけでなく、先頭に「test_」と名前が付くスキーマも上記と同様にアクセスできます。スキーマを新規作成する際は「test_」を付与しないことも推奨します。

testスキーマ削除コマンド例

1) InfiniDBにrootユーザーでログインします。




2) 「test」で始まるスキーマを確認します。




3) 「test_1」スキーマを削除します。




参考情報

「rootユーザーのパスワード設定」
「匿名ユーザーの削除」